OTAYORI

楽天市場経済圏を彷徨うブログ

【ECサイト運営】売上を上げるまでの改善ステップ(インフラ整備)

売上を上げるまでの改善ステップ

優先して行う項目のリスト(最終目標から順に羅列)

  1. 販売促進フェーズ

    1. 売上を上げる←これが最終目標
    2. 販促効果の検証を行う
    3. ECサイトのコンテンツを充実させ、販促を行う
  2. インフラ(運営基盤)整備フェーズ

    1. 適正な価格で販売する(価格は最も重視される購入判断材料)
    2. 運営効率を上げる(無駄なコストをカットする)
    3. 在庫管理を行い、商品の欠品をなくす(販売機会の損失を減らす)
    4. 業務の見える化を行う(データ整備)

業務の見える化する

  1. 作業内容を項目化→無駄な作業を洗い出す(システム化できる場合は利用する)
  2. 無駄な作業は完全になくすことも検討する

運営効率を上げる

運営に関する費用(コスト)をピックアップする
発生する費用は継続的に確認できるようデータ化し、定期的に運営状態のチェックを行う

  1. 商品原価(仕入費用)
  2. ECサイト管理手数料
    1. 出店料・システム利用料
    2. 販促費(広告費)
    3. 決済手数料(クレジットカード・代引手数料etc)
  3. 配送コスト
    1. 梱包資材(段ボール、緩衝材、保冷剤etc)
    2. 送料(クロネコヤマト、佐川急便)
  4. 人件費
    1. 商品入荷・出荷やお客様のお問合わせ対応などの日々の運営業務
    2. 営業活動にあたるアクセス解析や広告管理業務
    3. 商品登録やコンテンツページの作成業務
  5. その他コスト
    1. AO機器(PC、コンセント、LANケーブル)
    2. 通信費(電話代、ネット代)
    3. デスク、A4用紙、ホッチキス芯、ボールペンなどの配送以外に関わる備品
    4. ソフトウェア利用料(officeなど)
    5. カメラ・SDカード

販売機会の損失を防ぐ

  1. 商品の欠品、備品の在庫数のチェックを行い、適切に在庫を調整する
  2. この段階ではいかに時間をかけずに管理するのかも重要

適正な価格に設定する

  1. 費用(コスト)を算出後、粗利(売上合計-費用合計)を調べる
  2. 意図しないマイナス計上がないかチェックする
  3. 粗利率を調整し、適切な価格に設定する(売れ筋商品は高めに設定するetc)