OTAYORI

楽天市場経済圏を彷徨うブログ

【楽天ROOM攻略】2019年12月に獲得した収益を公開します!【月1万ポイントを稼ぐ!】

f:id:shrimps:20191231061550j:plain

まずは結果報告から

12月は8933(!!?)ポイントでした。

前月が300ポイント程度だったので大幅UPです。
時給に換算すると、、、やめておきます(55円/時...!)

同じ人が何回も購入してくれたみたいです。
本当にビギナーズラック感が否めません。

今回はかなりラッキーが積み重なっているので、
来月は下がるのではないかと考えています。

欲を言えば、もしランクがB以上だったら月10000円はもっと余裕でクリアしていたはずと若干、後悔しています。
ベテランのROOMユーザーさんには「当たり前」と怒られそうですが、、、
敢えて言葉にすると初心者にとって「ランク上げ&維持は最優先項目」ですね。
売上への直結度が高すぎます。

ボーナスポイントは1000ポイント上限ルールがあるので、厳密には違いますが、
仮にAランクだったとして約6500円分を逃しています。

内訳を表データにしました

自分でもびっくりするのが作業時間です。
日本でいちばん楽天ROOMに時間を割いているROOMユーザー説ありますね。
(...もちろん、いい意味ではない

いずれにせよクリック数が100を超えたのでAランク確定です。
ボーナスポイントは5%。

2020年1月1日現在Sランク444名、Aランク3687名のうちのひとりとなりました。
多少は初心者の域を脱した感があります。
慢心することなく皆さんの実験体として今後もがんばります!

【new!!】今回から4項目追加しました。(コレクション数、いいね数、クリック数、販売件数)
最初の2ヶ月は4項目を軽視して見過ごしていた数値でした。もっとはやく気付けばよかったです。

集計月 収益 作業時間 商品
登録
コレク
ション
フォロー フォロワー いいね クリック
された数
販売
件数
ランク
2019年12月 7133P 約200時間 4101 3 5590 3450 6770 346 13 A
2019年11月 333P 約20時間 154 1 2161 1745 31 157 2 C
2019年10月 260P 約4時間 40 0 30 22 0 37 2 C

※2019年9月15日頃から利用開始しています。

前回の目標のふりかえり

「商品点数」重視でやりますと意気込んで154点→4278点にあげてみましたが、結果は満足の行くものではありませんでした。
商品点数と売上は関連するのかもしれませんが、直結しづらいのかと思います。
このあたりの原因は私自身が丁寧に紹介文を書いていないこともあります。

上位ROOMユーザーの中には商品点数が1000以下でも売上がある人もいます。
となると売上への影響力は「商品点数<購入者目線の項目」なのは間違いないでしょう。
つまり「オリジナル写真・オリジナル商品説明文・SNS」などを丁寧にやっていると売上につながると思います。
ROOMユーザーが信頼できるかどうか、インフルエンサーに近づけるかどうかと言ってもいいかもしれません。

ただその分野は自分に合わないのでしばらくは対策をやるつもりはありません。
頭ではわかっていても正直なところ面倒なんです...
あと、あまり気が進まない理由は「ROOMヘビーユーザー間の購入の場合だけの現象ではないか」と考えているからです。
今は「誰でも再現できるROOM運営テクニック」を見極めることに注力したいと思っています。

今回(2019年12月売上) 悪かった点

リストにします。

  • フォローしても想定以上にフォロワーが増えない
  • 楽天のおすすめユーザーに申請してみたものの通過せず→フォロワー増えず
  • 売上はあったものの、意味のある売上ではなかった(シーズン品で再現性・継続性がない)

今回(2019年12月売上) 良かった点

正直、ラッキーで売上があったことぐらいです。
1人の人が複数個購入してくれたことが収益の殆どを占めています。

とは言いつつ、ちょっとポイントで美味しいものでも注文してみようかと、今からお気に入りリストがいっぱいになっています。
ポイント振込は2ヶ月後なのに...!笑

今回(2019年12月売上) わかったこと

だいぶ知見が集まってきました。
ですがやるべきことtodoはまだまだあるので引き続きがんばります。

  • 時間を分けて行動するとリアクションを多くもらえる
  • 深夜に行動するのはほとんど効果なし→ROOM特有の行動制限を消費してまでやるべきではない
  • 他ユーザーが投稿する商品は、同一の商品を投稿してもランキング上位には現れない(更新時間で並び替えされていない)
  • 機械的に投稿すると無意味→すでに同一商品でシェアを締めている商品を投稿するのは、ランキングに埋もれるので死に商品になる
  • 上記理由からコレはほとんど意味がなさそう
  • 同様に上位ランクユーザーのいいね数がおおい商品をコレしたり真似しても意味がない(アクション力>商品力)
  • 1時間あたり200未満で、1日のいいね上限は900ぐらい?(ちょっと自信なし)
  • いいねすると自分の商品もいいねしてくれる優しいユーザー様が多い
  • いいねとクリック数は比例する※正直これ言おうかどうか迷いましたが、特にmyRoom最初の商品はいいね5倍は見込めます
  • つまり狙って先頭にすれば競合がおおい商品でも検索上位に入るのでは?
  • 上位ランクユーザーのうち、フォロー数が10人など圧倒的に少ない人が結構いる
  • 上位ランクユーザーのうち、意外と商品登録数が少ない→登録商品数が2000以下は結構いる

次回の行動目標

もっとも欲しかった「再現性・継続性」のテストをクリアできなかったのはかなり辛いです。
時間はかかりましたが、Naverに比べると売上もありましたので次月もモチベーションは保てそうです。

  • どの商品内容の効率が良いか?
  • 人気商品の上位を取れるかどうか?
  • 期間制限つき商品のリアクションはあるか?
  • どの時間帯がもっとも効率が良いか?
  • 効果的なタグ付けを考える
  • ユーザーの商品購入ルート(ROOM内?楽天ユーザー?)