OTAYORI

とりあえずやってみよう

1頭の牛・豚・鶏からとれる部位の重さについて

いろいろと活用したくて、これまで収集した情報です。

牛 概要

和牛1頭(約650~750kg)から取れる食べられる部分は約230~300kgで体重の4割程度。内臓は150kg程度で、骨が50kg、皮が42kg,70kgの脂。乳用肉牛(ホルスタインのオスで去勢した牛)では和牛よりも重く800キログラム前後。牛の場合、生体重量を100パーセントとして、33パーセント程度の肉(精肉)、 6.3パーセント程度の可食内臓が、それぞれとれます。例えば、生体重量690キログラムの牛からは、家庭で消費できる肉(精肉) は228キログラムになり、また食べられる内臓は 43キログラム程度がとれることになります。

牛 部位ごとの重量

部位重量
タン1~1.5kg
ヒレ約3キロ
リブロース約10キロ
サーロイン約10キロ
肩ロース約18キロ
ランプ約5キロ
イチボ約3キロ
マエバラ約15キロ
カバラ約30キロ
ソトバラ約30キロ
バラヤマ約3キロ
ウデ約10キロ
マル約10キロ
内モモ約10キロ
外モモ約10キロ
スネ約10キロ
スジ
カブリ約1キロ
サガリ約1キロ
ハラミ約1キロ
タン約1キロ
テール約1.5キロ
三角バラ約1キロ
カイノミ約1キロ
フランク約1キロ
みすじ約1キロ
ざぶとん約1キロ
トモサンカク約1キロ

豚 概要

項目重量割合用途
生体重量(豚一頭約110kg100%-
精肉部分約45~50g40~50%-
内臓(可食部分)約15kg(過食部分9kg)(8%)-
約10kg%-
約10kg%皮は靴や衣類・毛は筆に使われる
約15kg%

豚 部位ごとの重量

部位重量
豚ロース約9.0kg~11.0kg
ヒレ約1.0kg~1.4kg
豚肩ロース約5.0~7.0kg
豚バラ約10.0kg~12.0kg
豚ウデ約10.0kg~12.0kg
豚モモ約16.0kg~20.0kg
豚スペアリブ約1.0~1.4kg

鶏 概要

鶏の場合、生体重呈を100パーセントとして、骨付き肉は 70. 2パ セント程度になり、 そこからの正肉・手羽先・手羽 もと、ささみ等の食べられる部分の割合は、 53パーセント程度になります。また、可食の内臓は4パーセント程度です。 例えばl羽2500グラムとした場合、正肉・手羽先・手羽もと、 ささみ等が 1325グラム、可食の内臓が100グラムになります。

鶏 部位ごとの重量

出荷サイズのブロイラー1羽(約2600g)から、精肉が1125g程度が取れます。 畜産物の中で、最も季節の影響を受けやすいのは鶏肉です。 ・夏場 1羽 平均重量 2.2-2.5kg ・冬場 1羽 平均重量 2.5-3.0kg

部位重量
ムネ肉0.364kg
モモ肉0.445kg
ささみ0.077kg
手羽(手羽もと、手羽さき、手羽なか)0.194kg
かわ0.045kg
きも(心臓・肝臓)0.073kg
すなぎも(筋胃)0.032kg