OTAYORI

楽天市場経済圏を彷徨うブログ

【実店舗情報公開】楽天市場に出店する場合に実際費用はどれぐらいかかるか

公式の費用計算シュミレーターを試します。

↓こちらです。商品価格設定に必要な要素になるので、必ずチェックしておいた方が良い作業です。
月額費用シミュレーション|楽天市場

公式シュミレーションは正しいのか?

私が運営しているショップではスタンダードプラン、月間売上平均300~400万円、単価的には5000円~10000円ほどです。
該当する選択肢がなかったため、近い項目を入力してみました。

楽天市場のシュミレーション売上300万客単価5000円

金額が約27万円となっているのが分かると思います。結果から言うと、シュミレーションはおおむね正しいと思います。
ただし実際に店舗運営をしていくと、売り上げを伸ばすために広告費やメルマガ配信、運営をスムーズに行っていくために有料の便利機能を使用したくなるのでシュミレーションの金額より高くなりがちです。

楽天ペイにかわってからの月額費用がこちら

楽天市場出店料、他手数料

※赤文字は有料オプション(なくてもいいもの)
※青文字は年2回に分けて請求される出店料
※広告費が高いのですが、繁忙期で販促に力を入れた際の一時的な出費です。

シュミレーションと比較すると最低限の金額が30万円となっているため、おおよそ一致しています。月額売上300万を見込む場合はだいたい手数料30万+出店料5万と考えて良いと思います。月間売上300万・運営コスト35万とすると運営コストとして約10~12%が必要になると計算できます。もちろんこの金額は商品の料金設定にも反映させていく必要があります。

プランの選択によって費用は変わる。

プランの違いは売上に対する手数料の料率の違いに反映されるため、高いプランにすればするほど全体の手数料は割安になります。しかし売り上げが伴っていないと割高になってしまうので最初は低めプラン設定をおすすめします。プラン選択の際に参考になるのが他ショップの売り上げ実績ですが、楽天市場は客層が他のECプラットフォームと違って年齢層が高いので、売り上げが上がるか下がるかある程度予想をする事ができます。