OTAYORI

楽天市場経済圏を彷徨うブログ

【楽天ROOM攻略】2019年1月の収益公開

f:id:shrimps:20191231061550j:plain

まずは結果報告から

1月は16,235ポイントでした。

前月は合計で約7000ポイント程度だったので大幅UPです。
ただ前回はCランクだったので通常ポイントだけで、今回の増額分は通常ポイントを比較してしまうと正直なところ微増です。
Cランクはボーナスポイントが存在しないのですが、Aランクは5%のボーナスポイントが追加されるのでその分が増額となりました。

ただ2月上旬に楽天ROOM公式よりボーナスポイントの料率改定のアナウンスがありました。
Aランクの場合5%→3%となるようです。
楽天ROOMは1年の間にルール改定が頻繁に行われるので、今後ボーナスポイント以外にも規制がかかることを考慮した方がいいと思われます。

過去の改定についてもいいね上限の設定など基本的によくない方向で改定されています。
5年後も楽天ROOMが存在するか、少なくとも盛り上がっているかどうかは怪しい気もしていました。
今のうちに稼ぎ切る方が良いのかもしれません。

内訳を表データにしました

Aランク4391名(同じく2020年2月8日現在)のうちのひとりとなりました。
さらにその上、上位ユーザーであるSランクの500名(同じく2020年2月8日現在)はまだまだ遠いですね。
今回からは仕組みの構築のみを注力して実際の商品コレは外注しました。
※外注とはいっても暇な知り合いにリストを渡して作業依頼をかけているだけです。
おかげ様で前回より作業時間は減りました。個人的にはここが一番

集計月 収益 作業時間 商品
登録
コレク
ション
フォロー フォロワー いいね クリック
された数
販売
件数
ランク
2020年1月 16235P 約120時間 6080 3 7413 5219 10K 432 23 A
2019年12月 7133P 約200時間 4101 3 5590 3450 6770 346 13 C
2019年11月 333P 約20時間 154 1 2161 1745 31 157 2 C
2019年10月 260P 約4時間 40 0 30 22 0 37 2 C

※2019年9月15日頃から利用開始

前回の目標のふりかえり

  1. どの商品内容の効率が良いか?
    →作戦変更からまだ2週間程度ということもあり、まだ集計しきれていないのが正直なところです。今月一ヶ月間を通してどういったジャンル・商品のリアクション率がいいか調べていきます

  2. 人気商品の上位を取れるかどうか?
    →これについては気づくのが遅かったのですが、検索結果の上位を取る必勝法はあまりないのではないかと考えています。
    検索結果の表示順は商品コレ最新順といいね数順を主にソート対象にしているため、です。
    どんなにいいねや流入数を獲得しても商品コレ時刻が過去なればなるほど検索上位は獲得できません。

  3. 期間制限つき商品のリアクションはあるか?
    →これは検証をしませんでした。

  4. どの時間帯がもっとも効率が良いか?
    →検証方法が悩ましいところですが、夕方から夜間にかけて商品コレをしていく作戦をとったところほぼ毎日売り上げが上がっています。

  5. 効果的なタグ付けを考える
    →ポイントを意識してタグ付け、またはショップ名をタグ付けするなど基本的なタグをつけていきました。

  6. ユーザーの商品購入ルート(ROOM内?楽天ユーザー?)
    →コレはtwitterなどのSNSを指標にして比較しようと考えていましたが、SNSアカウントを開設したのみで未実施です。

今回(2020年1月売上) 悪かった点

一ヶ月のうち、2週間近く作業が停止してしまったことが売り上げの伸びに影響しました。
ただ今のところ2月は3万ポイントペースですので、今回の結果よりさらに上を狙えそうです。

今回(2020年1月売上) 良かった点

1月6日から1月21日までは更新をやめていたこともあり、実質稼働は残り日数のみで獲得していった内容となっています。
2週間近く更新を停止していたのは従来からの作戦変更のための準備をしていました。
作戦変更とはいっても楽天市場内の各ジャンルごとに人気商品を優先して商品コレしていくだけのものです。
直接的な効果があったのかどうかはわからないのですが、売り上げは増加したので一応の結果は残せていると考えています。

今回(2020年1月売上) わかったこと

  • いいね上限は1時間200程度、1日1000程度
  • 検索結果の上位を意図的に狙うより、削除→商品コレのサイクルを回しながら検索上位を狙う
  • 上位ユーザーはtwitter/instagramを同時並行で行なっている(botを使用するツワモノもいる)
  • 楽天ROOM編集部は誰もが最初にフォローする公式ユーザー→つまりフォロワー数=楽天ROOM全体のユーザー数と言えるが現在フォロワー数999K。上限突破して位相であるが、少なくとも999Kはいると判断できる

次回の行動目標

今回はジャンルは無視してレビューが良いロングセラー商品の商品コレをすることで、売り上げ増加を狙いました。
結果的にはそこそこの結果は残せたのではないかと思います。

ただ最近twitter界隈を覗くようになり怪物級の売り上げを誇っている上位ユーザーがいることを知りました。
今後は彼らの背中を追うとして、とりあえず収益5万円を狙って活動します。

前回は目標が多すぎることで検証しきれなかったので、目標を絞ります。次回の目標は「SNSに注力」です。